2006年01月08日

火の用心・・・

冬は乾燥していて火災になりやすいです
気をつけましょう

・・・いきなり何かって?
火事に遭遇したからですよ

しかもうちのアパートね!

詳細を話しましょう
うちのアパートは多分築35〜40年ほどの古いけどがっちりした鉄筋コンクリート3階建てです
ちなみに私が209号室に住んでます
1/6日の19:40頃 201号室から出火
住んでいたのは75歳の爺様
出火原因はわからないんですけどね・・・

私が気が付いたのは50分頃でしょうか
いきなり停電したんですよ
最初はブレーカーが落ちたんだと思って(古いから20A契約)
懐中電灯もってごそごそやりだしたわけですよ

ところがどっこい なんか周りの部屋も騒がしいわけですよ
なんだろうと思って玄関あけてびっくり

煙がもうもうで さらに炎も見えるじゃありませんか
おばちゃんたちが混乱しちゃってるのかあっちゃこっちゃ叫んでるし
あわてて外に出て おばちゃんたちをいなして
一軒づつ玄関叩いて(ピンポンがない)
「火事です。非難してください」って叫びたてて
ぎゃ〜ぎゃ〜してるうちに消防車が到着
どんどん集まる消防車
その頃 3階にいって火事の部屋の真上の部屋に人がいないか 見に行ったんだけど
真上の部屋には人は居なかったんだけど 隣の部屋が・・・
すごかった・・・
「火事ですよ。非難してください」
言っても出てこない・・・

扉ガンガン叩くとやっと出てきたんだけど
「なんや。火事か・・・」
っておっちゃん
煙の中階下を見下ろして
「これなら大丈夫やろ」
って部屋んなかに引っ込んじゃった!?

アナタの部屋の斜め下の部屋が大火事ですよ!?

結局 あとで消防士さんに連れ出されてました

そのあともどたばたとしつつ
アパートの外まで出てから気が付きました
部屋着と携帯と懐中電灯しか持ってません
この寒空の中 上着すらありませんよ!?
足元は素足につっかけです
火事の時に必ず持ち出せといわれる手持ち現金 一切ありません

ここは反省点です
まぁ元から私の部屋は火事から離れてるし安全だと分かっていたのが欠点だったかもしれません

まぁ そこからは消火活動を眺めたり 安全確認をまってたりと寒い思いをしてました
途中から向かいのアパートのおばちゃんがはおりを貸してくれたの若干あったかかったですが・・・
しかし田舎なんですが近所付き合いの全くないアパートなので
初めて住人の人たちに会った気もしました・・・
30分ほどで鎮火しまして
火元の爺様も軽度の火傷ですんで事なきを得たんですが・・・
色々と経験になりました

ちなみにうちのアパートは横一列に部屋が並んでるんですよ
で 1号室の屋根裏からず〜っと電気の配線が12号室まで入ってるんですが
201号室がやけちゃったので電気が止まって・・・
一晩停電で過ごしました
だって次の朝の現場検証まで手がつけられないからね・・・

火事って怖いねって話
posted by 香澄 at 20:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 中の人の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それはまた新年早々凄い体験をしたものだな。
まあ、怪我も何もなかったなら何より。
冬場は乾燥してると何気ないものから出火するから気をつけないといけないな。
部屋の配線の確認をしておこうと思ったりした。
Posted by ウォラルド at 2006年01月09日 04:47
とりあえずおっちゃんワロス

年明け早々に災難でしたね
火事コワイコワイ((((((>x<)))))
Posted by ほい3 at 2006年01月11日 11:41
>>Wlardさん
うん えらい目にあいました(汗
怪我がなかったのは本当によかったよ
災害には常に備えておこうと思ったねぇ(汗

>>ほい3
おっちゃん面白いけど
もうちょっと危機意識を持とうよ(汗
ってなわけで
ホイホイさんも災害対策はしておいたほうがいいよ
Posted by 香澄 at 2006年01月18日 15:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11466378

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。